毛抜き 快楽

毛抜きの快楽

毛抜きの快楽

ヒゲが濃くて困っています。多分原因は皮膚が弱い時に使っていたステロイド系の塗り薬の影響ではと思ってます。

 

辞めてからなんとなく濃くなるのは止まったような気がしますが、やはり気になってしょうがありません。
抑毛効果があるというのでパイナップルローションを使っていた時期もありますが、目覚ましい効果は見られませんでした。

 

そうなると結局一番てっとり早い「抜く」というのに行き着くわけです。
個人的に洗顔かシャワーの前にやるのが鉄則。そうしないと水分を含んで痛みがかなり増します。

 

私の場合首周りに真横に寝てしまっているものが多いので、そこから狙います。

 

長めに残っていることが多いので一本一本起こして抜きます。毛根も浅いのでそんなに手こずることはありません。
次点であご、ほほ周りなどを抜くこともありますが、やはり口周りはかなり痛いのであまり手を付けられません…

 

そのうち抜くこと自体に躍起になってくるのですが、時間がかかる割にそんなに減るわけでもないことに毎回愕然としています。
そしてだいたい二週間で元通り…そういうわけであまり抜くのはおすすめしません。

 

やはり本格的に脱毛かけたいところですが、何万もかかるのは大変ですよね…どうしたらいいのでしょうか

毛が皮膚から出でこれず痒みを誘発

剛毛な足のスネの毛を処理したくて、毛抜きで1本ずつ丁寧に毛を抜いてみました。
抜く時の痛みはそこそこありましたが、なんとか我慢できる痛みでした。
抜いた直後は、すべすべでものすごく綺麗な足になったので、これからも毛が伸びたらまた毛抜きで処理しようと思っていました。

 

ところが、1〜2週間経った頃から足の痒みが気になりだしました。
無意識に掻いたりしていたので、足が傷だらけになっていて、よく見てみると毛抜きで抜いた所全部が赤くポツポツと炎症を起こしていました。

 

毛先が見えていない所が特に赤く盛り上がり、少し白く膿を持っているようにも見えました。
毛先が皮膚の中で見えている部分でも炎症を起こしていたり、、皮膚の中で渦を巻いてしまい出てこれない毛や、皮膚の中で黒い点状に見える毛などにより、とにかくもう見た目が全然美しくありませんでした。

 

毛があと少しで皮膚を突き破ってくるという時も痒みで悩まされました。
痒みはその後もずっと続き、そのせいで、夜は不眠になり日中は集中力が低下し、あまりいいことはありませんでした。

 

毛抜きの処理は、一時的にとても綺麗になりますが、その後にこんな大変な目に遭うだなんて思ってもみませんでした。
毛抜きで処理をしても後悔するだけなので、もう二度としたくないですね。

毛抜きを使ったらお肌が赤いブツブツだらけに!

私は、自分でムダ毛の処理をしています。
カミソリでムダ毛を剃ってから、気になるところは、毛抜きを使います。

 

毛抜きは、力加減を調節しないと、本当に大変な目にあいます。
毛の流れに沿って、程よい力加減で抜く事が大切です。

 

私は、毛抜きにまだ使い慣れていない頃、力の加減が上手く出来ず、すごく痛い思いをしました。
毛抜きは、力の入れ加減を間違うと、猛烈な痛みをともなうので、注意しなくてはいけません。

 

私は、毛抜きの力加減を間違えた結果、お肌が赤いブツブツだらけになってしまいました。
多分、毛穴の中が内出血してしまったのだと思います。

 

とても気持ち悪いお肌になってしまった上に、痛みも伴い、本当に大変でした。
お肌が炎症を起こしてしまい、ヒリヒリして、辛かったです。

 

毛抜きを使って、キレイにムダ毛を処理して、すべすべなお肌になろうと思っていたのに、逆効果でした。

 

赤くヒリヒリと腫れてしまったので、お風呂のお湯もしみました。
毛抜きで、お肌のムダ毛を処理する時は、気をつけないといけないと思いました。

 

毛抜きを使う時は、力加減に気をつけ、毛が生えている方向に向かって優しく抜く事が肝心です。
毛抜きを使って、失敗を経験しましたが、今では、上手に毛抜きを使えるようになったので、良い経験になりました。

毛抜きの使いすぎ注意

ムダ毛処理に毛抜きを使われている人、多いと思います。
私も、その一人です。
ワキのムダ毛を処理するとき、カミソリを使っていたのですが、剃ったあとの点々がイヤでした。
そこで、毛抜きで抜いてしまえばあとが残らないと思い、一本ずつ抜くことにしました。
そうすると、やはり見た目がキレイですし、処理する期間もカミソリとは、比べものにならないほど違います。
最初は、本数が多いので大変ですが、いったん抜いてしまえば、あとはたまに生えてくるムダ毛だけ抜けばいいので、とても楽チンなのでした。
その方法で20代前半を過ごしました。
そして、20代後半に差し掛かったころ、異変に気が付きました。
ワキの皮膚がざらざらになっていたのです。
よく見てみると、毛穴の部分が盛り上がった状態でした。
毛抜きでムダ毛を無理矢理引っ張って、そのあとにワキを放置していたからでしょうか。
アフターケアに冷やしたり、保湿をしたり、なにかしていれば、違う結果になっていたかもしれません。
でも、当時のわたしには、そんな知識もなく、ただムダ毛を抜いてキレイな肌でいたいという事しか考えていなかったのです。
今、30代ですが、まだ肌はざらざらのままです。
もう一生治らないと思います。

関連ページ

ブラジリアンワックスの更なる普及を願って
最近話題のブラジリアンワックス脱毛が気になっています。 要するにデリケートな部分の脱毛なのですが・・・

ホーム RSS購読 サイトマップ