自然体 有難い

自然体が有難い

自然体が有難い

最近は男性も女性同様、美容にも気を遣われているようで。
脱毛されてる男性もいらっしゃるようですよね?

 

私の身近ではまだそういった男性とはご縁がないのですが。
これって一般女性からのウケってどうなのでしょうね?

 

かなり個人的な意見で申し訳無いのですが。
私は自分が女性の割に結構ムダ毛に悩まされてる方なんです。
そのせいか、男性は脱毛されなくても大丈夫なんじゃないかと。
そう考えてしまうのです。

 

この辺りも考え方は人それぞれでしょうし。
好みも人それぞれですからね?

 

私の場合は単に、自分よりお相手の男性がムダ毛処理が行き届いてたら。
ちょっと女の子として辛いなぁ…と言う理由です(笑)

 

そのくせ、やりはあまり毛深すぎる男性もやや遠慮したい感じもあったりと。
モテもしないくせに、色々わがままな意見で申し訳ありません(笑)

 

やっぱりムダ毛処理に関しては、お相手の男性よりも。
自分の方がキッチリ出来て居たいじゃないですか?

 

エステなどで脱毛されてる方なら心配ないかと思いますが。
私はもっぱら家でお手軽にカミソリで…ってタイプです(笑)
なので行き届いてるとはお世辞にも言えない感じで。

 

そう言う意味合いでも、男性の脱毛は、そうしっかりされず。
自然体で居て頂けた方が、個人的には有難いなぁと思います。

脱毛全般の抑えておきたい注意点

今まで脱毛にまつわるさまざまな注意点を見てきましたが、最後に脱毛全般において抑えておきたい注意点を見ていきましょう。

 

  • ・生理のときは脱毛できない。(全部位)

生理のときはホルモンのバランスの変調により肌の回復力が落ちますので基本脱毛できません。

 

  • ・妊娠しているときは脱毛できない。(全部位)

生理同様ホルモンのバランスが崩れるゆえです。

 

  • ・日焼けしているときは脱毛できない。(日焼け部位)

もちろん日焼けしているのが腕や脚であってVIO、背中は日焼けしていないのであれば日焼けしてない箇所は施術可能です。

 

要はメラニン色素が毛以外に反応しないことです。

 

  • ・脱毛当日はお風呂に入ってはいけない。(全部位)

脱毛箇所は当日毛穴が開いているため、細菌進入を防ぐためです。

 

シャワーで軽く体を流す程度にしましょう。

 

  • ・脱毛当日はお酒を飲まない。(全部位)

お酒は体の回復力を落とします。

 

  • ・脱毛当日は運動を控える。(全部位)

脱毛部から汗をかかないほうがいいからです。
もちろんサウナに行くなどもってのほかです。

 

  • ・薬服用時は脱毛できない可能性がある。(全部位)

キノロン系の抗菌薬やテトラサイクリン系の抗生物質、またはフェノチアジン系の精神病薬を服用している方が脱毛すると脱毛の際に当てるフラッシュにより光過敏症が副作用として併発する恐れがあります。

 

脱毛箇所の肌に水泡やブツブツが発生する恐れがあります。
主治医に脱毛を受けてもよいか相談をした上で脱毛を受けましょう。

 

  • ・脱毛前は基本下処理が必要。(濃い毛の箇所)

エステサロンによっても違うのですが、基本自宅で下処理をしてくる必要があります。
下処理方法は、電気シェーバーが最適、その次はシェービングを塗った後にかみそりで順目に剃ることです。

 

下処理をしておけばすぐに脱毛作業に取り掛かることができます。

 

  • ・制汗剤は使用できない。(ワキ)

デオドラント成分が脱毛箇所から進入し効果が落ちるためです。

 

  • ・予防接種を受けた状態では脱毛できない。(全部位、特にワキ)

体が軽い病気にかかった状態になるので、回復力が落ちています。

 

  • ・脱毛箇所は保湿作用が必要。(全部位)

脱毛箇所の皮膚は乾燥しています。
よって湿ったタオルなどで拭いて、その後は化粧水、乳液などで十分な保湿を行なう。

 

  • ・脱毛予約は毛周期を考慮する。(全部位)

これを理解しないと無駄なお金を払うことになります。

 

  • ・遅刻したら施術できないうえ、ポイント消化になる。(全部位)

一本電話しておけば、遅刻しても日付をずらしてくれたりしますが、よく起きるトラブルです。

 

上記の注意点を覚えておけば、快適な脱毛ライフが待ち受けているでしょう。

関連ページ

自己処理から医療による脱毛へ
毛深いという人の中には、目立ったり、みんなに見せるのが嫌だという人も多いと思います。
すぐに生えてくるムダ毛
私は割とムダ毛が生えてくるのが早い方で、毎日お手入れしないと気になってしまいます。 普段はT字カミソリで処理しています。
一年中つきまとう脱毛の悩み
脱毛に関する悩みは、季節を問わず、いつでも女性にとってうっとうしいものですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ